樹木の間隙から残雪に差し込む陽光が、わずかながら春の気配を感じさせてくれます。2月恒例のスノーシュー撮影会ですが本年は15日、貸し切りバス仕立てで「滝野すずらん公園」で開催しました。


「つららのカーテン」(自宅の南側窓):小室
長い物で長さ1m50cmぐらいになりました。 地上に着きそう!どこまで伸びるの?
食べ物だったら良いのにね~

画像の説明

「アシリベツ滝の作品」(滝野すずらん公園):大久保
ひと冬かけて飛沫と降雪の重ね塗り、こんなのができました。

画像の説明

「或る花火の軌跡」(当別町):宇田
厳寒の花火大会に出向きマイナス15,6度近い中、感覚のない指先でシャッターを切った幻想的にして幻の一枚。果たして傑作と言えるのでしょうか?

画像の説明

「チューブラフティング」(滝野すずらん公園):佐藤(孝)
チューブのそり滑リを楽しむ家族(?)

画像の説明

「かわいい図柄を発見!」(ヒルズ内バス通り):北山
朝ラン途中、急に降りだした粉雪。乾いていた道がみるみる白に染まるその時、マンホールの蓋に現れた少年の姿。こんな図柄が重い鋳物の蓋に彫られていたとは・・・。じっと見入ってしまいました。記念スタンプにすればいいのにとも思いました。

画像の説明

「冬の花」(当別・阿蘇公園):坂
今年の「あそ・雪の広場」。恒例の花火は、零下15度のシバレる夜空に次々と打ち上げられ、街なかのとは違った野趣と迫力がありました。

画像の説明

「有珠山外輪山からの眺望」(有珠山):若杉
4時間程の雪山スノーシュー登山。山頂からは、羊蹄山・ニセコ(アンヌプリ)・洞爺湖・室蘭・太平洋と贅沢な眺望。この日は生憎、駒ケ岳は見えなかった。(冬のお楽しみ)

画像の説明


powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK