グリーンテニス 秋の懇親トーナメント開催

熱戦につぐ熱戦!秋の懇親トーナメント開催

画像の説明

9月26日、9月末にしては暖かい日差しの中で、大会史上最多の22選手が熱い思いを胸に秘めて出場、恒例となった運命の組み合せ抽選でペアが決まり、熱戦の火蓋が切られました。
選手たちの憩いの場コートサイドカフェでは、手作りケーキやおにぎりを始め、今回は14種類の野菜やキノコが大鍋にたっぷり入った「HARUMI特製汁の店」まで登場し、選手たちは試合の合間に舌鼓を打っていました。4年前ささやかに始まったトーナメントが、会員一人一人の手で大きなイベントに育っています。

画像の説明


シニアの星、野村選手が感激の初優勝

画像の説明

野村選手(右)と鈴木選手(左)
野村勉選手はグリーンテニスの一期生、65歳を過ぎて初めてラケットを握ってから5年、今大会では得意のボレーを随所で決め、磨き上げたバックスピンショットで相手チームを翻弄しました。
さらには強力なパートナーにも恵まれて、超シニアの優勝を成し遂げ、同世代に勇気と希望を
与えました。またパートナーの鈴木俊哉選手は前回の優勝に驕ることなく、誰よりも多い自主練習の成果を存分に発揮して見事2連覇を達成、グリーンテニスのトッププレイヤーとしての地位を
不動のものにしました。

大健闘!初心者の岡部選手が準優勝

画像の説明

岡部選手(左)と宮司名誉コーチ(右)
岡部かつ子選手は昨年夏からグリーンテニスに参加、テニスは全く初めて、そして夏の一時期しか練習に参加できない初心者ですが、初めて出場したトーナメントで、試合前日の4時間に及ぶ特訓の成果と、パートナー宮司名誉コーチのコートの端から端まで縦横無尽なカバーリングが
功を奏し、見事準優勝を飾りました。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional