グリーンテニス 10年春の懇親トーナメント

ぶっちぎり優勝、春の懇親トーナメント開催

今ではヒルズのビッグイベントに育った、グリーンテニス「春の懇親トーナメント」が7月3日、雨と雷の予報にもめげず熱く開催されました。
運命を決める組合せ抽選の結果、強力男子ペアが登場し、予想通りぶっちぎりで優勝しました。
選手個々の技術が上達し、見応えのある試合が続きましたが、当日の蒸し暑さのせいもあり、試合が進むにつれ、息切れしたり足にきたりする選手が出て、年々、年を重ねていることをヒシヒシと感じました。

また、前回自然発生したコートサイドカフェがますます充実、選手の皆さん手造りのご馳走が食べきれないほど並んで、ゲームの合間の楽しみとなりました。

画像の説明

画像の説明


グリーンテニス生みの親、吉田選手が初優勝

画像の説明

吉田選手は前回優勝の野村選手と共にグリーンテニス一期生、そしてグリーンテニス生みの親でもあります。今回はくじ運にも恵まれ、持ち味の頭脳的で老獪な、ミスの少ないテニスで見事初優勝を成し遂げ、優勝賞品の「ウィンブルドン・オリジナルグッズ」を獲得しました。
またパートナーの坂東選手は、トライアスロンとヒップホップで鍛えた躍動感溢れるフットワークで、コートの端から端までボールを拾いまくり、優勝に大きく貢献しました。


今回は、鈴木ご夫妻企画の豪華賞品がいっぱい!!

画像の説明


惜しくも夢の再現ならず、準優勝

画像の説明

松澤選手・鈴木選手ペアは第4回大会の優勝ペア、組み合わせ抽選で奇しくも同じペアが再現しました。さすがに優勝経験がある強力ペアで、準決勝までは危なげなく勝ちあがり、決勝戦でも、松澤選手得意のロブ攻撃と、鈴木選手の壁のようにボールを打ち返す粘り強いテニスで善戦しました。しかし相手は強力男子ペア、最後は体力の差で力尽き、あと一歩優勝には及びませんでしたが、女性ペアにピッタリ、美肌に一層の磨きをかける準優勝賞品「死海泥パック」を獲得しました。

チームワークで、グッドペア賞受賞

画像の説明

吉田選手・小林選手ペアは、日頃の練習で一緒にプレーする機会が多く、お互いの特長を知り尽くしています。今大会ではシード選手との対戦が続き、敗れはしましたが、お互いに励ましあい、カバーしあって爽やかに善戦し、見事グッドペア賞を獲得しました。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional